トレード手法の検証記録です(豪ドル円:5分足)。

①大きく下に動き、パーフェクトオーダーを形成。

②動いた方向と反対側のボリンジャーバンドに突っ込んだところで、ストキャスも条件を満たしているので売りエントリー。
ボリンジャーバンドの反対側に到達で決済。

③条件を満たしているが、1回目との間にレンジを行ったり来たりする動きがある。
この動きを今のところはカウントしない。
あくまでも今回が2回目ということで売りエントリー。
ボリンジャーバンドの反対側で決済。

④3回目なので見送り。

⑤トレンドが続いているが、長いレンジからの一段下げということで、リセットされたあらたなトレンドと見る。
ここの前にストキャスの条件は満たすものの、ボリンジャーバンドへの突っ込みがないところが2回あり。
今回はボリンジャーバンドへの突っ込みはあるが、ストキャスの条件を満たしていない。
どちらを優先すべきか迷うところ。
今のところあくまでもルールを優先して、今回は見送り。

①前回安値の更新はないものの、長めの下落が続いた後。
ルールどおり、2回のトレード。

②安値を更新する下落があったものの、急反発。
そして、一瞬ではあるが前回の高値を抜く場面があり。
ルール通りにやっていれば勝てていた場面であるが、トレンド転換の予兆があるということで、見送り。
2回目の反発で前回高値をローソク足が実体で抜いてきた。
条件的にエントリーしたくなる場面であるが、トレンド転換が起きたということで、エントリーは見送り。

③すぐ上に長期の移動平均線があるので買いのエントリーは見送りしたいところだが、一度移動平均線を抜いているので、ルール通りにやっていいのではないか。

高値を抜いて長い上昇トレンドに入る。
押し目といってもミドルバンドまでで、反対側のボリンジャーバンドまで来ない。
とくにこういう場面の戦略を持ち合わせていないので、黙って静観する。
長い上昇後にエントリー条件を満たす場面があるが、長期の移動平均線から50pips以上も離れていること、ちょっとまとまった下落があると予想されることから、下げ止まりの目安を1時間足チャートで確認する。
1時間足チャートの黄色のライン(前回高値)が目安になると見ておく。